トヨタ/安全運転支援システムに対応したカーナビゲーション開発

2011年06月29日 

トヨタ自動車は6月29日、ITS技術の活用により、交通事故の減少を目指し、インフラ協調型の安全運転支援システム「DSSS」に対応するカーナビゲーションを開発したと発表した。

新開発のナビゲーションシステムは、今年夏に発売予定の新型車より採用する。なお、DSSSは、警察庁が本年7月から運用を開始する。

新製品は、具体的には、5つのサービスを備えており、音声とディスプレイ表示により、安全運転を支援する情報提供を行う。5つとは、赤信号注意喚起、一時停止注意喚起、前方停止車両存在案内、わき道車両存在案内、信号待ち発進準備案内(交差点周辺の交通流改善を目指す、環境に配慮したサービスで、世界で初めて実用化)のサービス。

<機器構成例>
20110629toyota.jpg

機器の構成は、道路側に設置された光ビーコンから提供される交通管制情報(信号・標識等)をVICSビーコンユニットを介してカーナビゲーションが受信。速度やアクセル開度等の車両の状態に応じて、音声とディスプレイ表示により、安全運転を支援する情報提供を行う。

最新ニュース

物流用語集