東陽倉庫/愛知県の弥富ふ頭に倉庫増設

2011年06月29日 

東陽倉庫は6月29日、名古屋港地区での物流基盤の拡充のため、弥富ふ頭倉庫の敷地内に物流施設を増設すると発表した。

急増する中国・アジアからの輸入貨物や農産品を中心とした定温貨物の主要拠点として増強するもので、輸出貨物の効率的な取扱いを図るとともに、新規顧客貨物の増加に対応する。

今後、既設の弥富ふ頭倉庫、飛島ふ頭1号倉庫と飛島ふ頭3号倉庫とともに、業容の拡大を目指す。

■物流施設の概要
名称:弥富ふ頭倉庫
所在地:愛知県弥富市楠3-9-1
土地面積:1万4500㎡(所有地)
建物延床面積:約1万3300㎡
2011年9月着工、2012年3月竣工、2012年4月稼動開始
鉄骨造4階建、定温倉庫(2~4 階)、垂直搬送機、エレベーター、 ドックレベラー 、1階は、輸出貨物を、2~4階は、輸入貨物を予定
投資額:約13億円

最新ニュース