商船三井/バラスト水処理システム、政府の適合証明書を取得

2011年06月28日 

商船三井は6月28日、グループ会社のエム・オー・エル・マリンコンサルティングと共同開発した「オゾン利用によるバラスト水処理システム(FineBallast OZ)」が、日本政府から適合証明書を、2011年6月6日付で取得したと発表した。

これは、IMO(国際海事機関)で採択された「船舶バラスト水及び沈殿物の制御及び管理のための国際条約」で規定している「バラスト水管理システムの承認に関するガイドライン(G8)」に基づいて精査されているもの。

適合証明書の取得にあたり、三井造船など参画企業による実規模ベースの陸上試験と同社運航のコンテナ船「MOL EXPRESS」で船上試験を実施し、双方ともバラスト水排出基準の完全適合を実証した。

また、同システムは2010年9月末にIMOによる「活性物質を利用するバラスト水管理システム承認のための手順(G9)」の最終承認を取得している。

最新ニュース

物流用語集