トヨタ自動車/2012年にインドの生産体制年間21万台へ

2011年06月28日 

トヨタ自動車は6月27日、インドでのトヨタ車の製造・販売子会社であるトヨタ・キルロスカ・モーター(以下:TKM)は、生産能力を現在の年間15万台から、2012年前半に21万台まで拡大する。

投資額は約49億円で、TKM生産工場の現在の生産能力は、第1工場が8万台、第2工場が7万台(計15万台)だが、それぞれ9万台/12万台(計21万台)となる。

昨年12月に投入した「エティオス」が好調なことと、他の車種も好調であることから、生産拡大を決定したもの。

最新ニュース