トヨタ自動車/ベルギーの車両物流センターの風力発電機設置に協力

2011年06月16日 

トヨタ自動車は6月15日、欧州統括会社であるトヨタ モーター ヨーロッパ (Toyota Motor Europe NV/SA 以下、TME)が、ベルギーのエネルギー会社 エベロップ・ベルギー(Evelop Belgium NV) と、TMEの車両物流センターに風力発電機を設置する共同プロジェクトを実施する、と発表した。

TMEは、ベルギーの同社車両物流センター敷地の一部をエベロップ・ベルギー社に貸与する。エベロップ・ベルギー社は、同センター敷地内に2基の風力発電機を設置し、2013年初旬に発電を開始する。設置される風力発電機の定格出力は約3000kW、年間発電量は約1710万kWh。

トヨタ自動車は、社会、地球の持続可能な発展に貢献するため、開発・設計、調達、生産・物流、販売、リサイクルなど企業活動の全ての分野において環境取り組みを推進している。

TMEでは、環境取り組みとして、2008年より欧州の3000に上る販売店全てを“グリーン”にすることを目指した「サステイナブル販売店プロジェクト」を開始、2010年には部品物流拠点において太陽光発電パネルを大規模導入するなど幅広く取り組んでおり、今回のプロジェクトはこうした取り組みの一環である、としている。

最新ニュース

物流用語集