マツダ/小型トラック「タイタン」を一部改良

2011年06月16日 

マツダは6月16日、小型トラックのマツダタイタンを一部改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系を通じて発売を開始した。

<マツダ タイタン>
20110616taitan.jpg

今回、一部改良したのはディーゼルエンジンの燃焼効率と、排出ガス性能を大幅に向上し、尿素SCRシステムなしでポスト新長期規排出ガス規制に適合させたこと。これにより、尿素水供給体制が整備されていない市街地での利便性を維持している。

また、ディーゼル2WD車は全ての車種が、エコカー減税対象車(2015年度燃費基準達成車)となり、9都県市指定低公害車(2009年基準「優」低公害車)にも指定されている。

写真の「マツダ タイタン」の東京地区希望小売価格は、3.0L DEターボエンジン、2WD、スムーサーオートシフト5速、最大積載量2.0t、平ボディ・標準フルワイドロー木製アオリ仕様で、421万1550円(税込)となっている。

最新ニュース

物流用語集