日本ユニシス/クルマの燃費と事故とCO2を削減するソフトを開発

2011年06月15日 

日本ユニシスは6月15日、産学連携で研究を進めている「自動車アフターマーケット高度化コンソーシアム(以下:コンソーシアム)で、法人業務車両の「燃費」「事故」「CO2」を削減するソフト「ピースケ@燃費」を共同開発したと発表した。

<ピースケ@燃費のシステム概要図>
20110615unisys.jpg

このソフトは、大学発ベンチャーの早稲田環境研究所と地球健康クラブが産学連携で開発したもの。

本製品は、ドライバーが給油やオイル交換等の整備を行った際に、燃料などの情報を携帯で入力することにより、管理部門は燃費削減のみならず車両のコンディションやドライバーのストレス・チェックを行い、ドライバーと管理部門が一体となって、CO2と事故の削減を進めていくものとなっている。

社内ランキングが瞬時(リアルタイム)に表示される(国内初の機能)や、管理者機能や燃費管理機能だけでなく、労務管理機能の一部も提供。さらに、SaaSで提供するため、初期投資は不要。ドライブレコーダーとの連携により、効果的な事故削減指導を実現した。

なお、発売に併せて、コンソーシアムでは販売委託代理店も募集している。

最新ニュース

物流用語集