ライナロジクス/完全自動配車システムの新機能を発表

2011年06月14日 

ライナロジクスは6月29日開催の物流・サプライチェーン復興フォーラムで、完全自動配車システム「LYNA2」の新オプション機能「エリアマーケティング支援オプション」を展示で紹介する。

完全自動配車システム「LYNA2」は、配車計画を作成するソフトウェアで、輸配送コストの構成をモデル化し、このコスト合計の最小化を目指して配車するため、実践的でコスト削減効果の大きい配車計画の作成が、ワンクリックだけで可能にする。

今回、公表する新オプションのエリアマーケティング支援オプションは、「コスト最小=最適」の考え方を、拠点立地の立案にも適用した拠点分析・立案ツール。

拠点運営にかかるコストを「固定コスト」「比例コスト」「配送コスト」の3つに分類し、それぞれにユーザーが具体的なコスト項目を割り当てることで、コストや出荷能力も考慮した拠点立地最適化が可能になる。

サービスレベル分析(到達圏分析)機能では、拠点と顧客間の時間・距離の到達圏を分析し、エリア内の顧客件数等の基礎データを取得する。

さらに、デポ統合最適化機能は、あらかじめ登録された拠点と顧客に対し、コストや出荷能力の観点から最適な拠点を割り当て、拠点の統廃合や、拠点規模の拡大・縮小シミュレーションを精密に実施できる。

また、フリーデポ位置立案機能は、あらかじめ登録された顧客に対し、最適な拠点の位置を配送コストベースで立案する。

物流・サプライチェーン復興フォーラムは6月29日(水)午前10時から午後5時20分、三田NNホール(東京都港区芝4-1-23三田NNビル地下1階)で開催する。

■物流・サプライチェーン復興フォーラム詳細
http://www.l-partner.co.jp/lfs/

最新ニュース