富士通/位置情報を活用した新サービス提供

2011年06月14日 

富士通は6月14日、さまざまなセンサーや車両から収集した位置情報を活用した新しいクラウドサービス「SPATIOWL(スペーシオウル)」を、7月より順次提供開始すると発表した。

<SPATIOWLの概念図>
20110614fujitsu.jpg

「SPATIOWL」は、「基盤提供サービス」と「業務提供サービス」との2つのサービス群で構成される。「基盤提供サービス」は、車両を走行させることで収集されるプローブ情報や、さまざまなセンサーから収集される大量の位置情報を活用し、多様なデータをリアルタイムに分析したり、外部情報と連係させる機能群をクラウド・コンピューティングで提供するもの。

これにより、法人の企業・団体などの顧客は、リアルタイムな渋滞情報の提供や都市計画の立案、新たな地域住民サービスの提供など、位置情報を活用した独自のサービスを開発し、新たな価値を創出することが可能。

同社は、これまでの移動体向け情報サービスの提供で培ったノウハウを活かし、これまでは個別で扱われてきた多種多様な超大量の位置情報を統合して扱うことで、各位置情報の相互参照、相互補完を可能にした。「SPATIOWL」は、これらの位置情報を顧客のニーズに合わせ、サービスとして提供するもの。

販売目標は2013年度末までに累計400システムへの導入を目指す。

■SPATIOWL
http://jp.fujitsu.com/solutions/cloud/saas/application/spatiowl/

最新ニュース

物流用語集