三菱ふそう/小型トラック新型キャンター4WD発売

2011年06月14日 

三菱ふそうトラック・バスは6月14日、小型トラック「新型キャンター」シリーズに、積雪地域や山間地域での走行に最適な4WD車を設定し、6月14日より全国の三菱ふそう系販売会社及びMFTBC地域販売部門から発売すると発表した。

<新型キャンターSKG-FDA20>
20110614canter.jpg

同車は、すでに発売している「新型キャンター」シリーズ同様にクリーンな排出ガスと高い燃費性能に寄与する「BlueTecシステム」(再生制御式DPF+尿素SCR)と軽量、高効率、低燃費を特長とする排気量3リットルの「4P10」型ディーゼルエンジン、デュアルクラッチ式トランスミッション「DUONIC」(デュオニック)の新開発パワートレーン技術を採用。

世界で最も厳しいとされるポスト新長期排出ガス規制(2010年規制)に適合しており、NOx、PMを規制値より30%低減するなど極めてクリーンな排出ガスを実現した。

これらの新技術を搭載することによりクラストップの低燃費を実現し、MFTBC小型トラック4WD車としては初となる2015年度重量車燃費基準を全車で達成。その結果、自動車重量税と自動車取得税が75%減税される「エコカー減税」の対象になる。

その他、2輪駆動/4輪駆動の切り替え操作が不要な全低床フルタイム4WDを標準キャブ全車に採用し、安定した走りと優れた乗降性を可能とした。ワイドキャブ全車では、積雪地走行に大きな駆動力を発揮する高床パートタイム4WDを採用するなど、用途に応じた幅広いラインアップの展開を図った。

販売目標は年間2000台を予定。東京地区での販売価格(消費税含む)では、SKG-FDA20(エンジン4P10 96KW130PS、トランスミッションDUONIC6速AMT、積載量2.0t、標準キャブ、全低床、平ポデー完成車)で、463万8000円。

最新ニュース

物流用語集