国交省/モーダルシフト推進で補助金制度、受付開始

2011年06月08日 

国土交通省は6月8日、低炭素型の物流体系の構築を図るため、モーダルシフト等の取組み支援する「モーダルシフト等推進事業」(補助事業)の募集を開始した。

募集期間は6月8日から7月20日で、交付決定は8月中旬以降を予定している。

補助対象は、荷主企業と貨物運送事業者など物流関係者によって構成する協議会で、貨物自動車による陸上輸送から鉄道輸送か船舶を利用した海上輸送への転換により、CO2排出量の削減を図る事業。

補助金は転換する場合にかかる運行経費、モーダルシフト推進事業の実施による車両・輸送機材、荷役機器と情報機器等の導入経費の二分の一を補助する。

また、発荷主から着荷主までの輸送距離が30㎞以上ある貨物自動車による輸送において、複数荷主の貨物を集約して、積載率を向上させて、車両走行台数とCO2排出量の削減を図ること等を目的として実施する事業にも補助する。

■モーダルシフト等推進事業費補助金応募要項
http://www.mlit.go.jp/common/000146428.pdf

最新ニュース