富士フイルム/熊本県の工場に160億円投じ、生産能力増強

2011年06月08日 

富士フイルムは6月8日、フラットパネルディスプレイ材料の主要生産拠点である富士フイルム九州に約160億円を投資し、「超広幅フジタック」の製造ラインを新設すると発表した。

建設する富士フイルム九州第4工場第8ラインは、17台目のフジタック製造ラインで、2012年12月に稼動する予定。

現在、神奈川県と静岡県の工場で生産しているが、災害対応力の強化とリスク分散の観点から、今回、富士フイルム九州に新ラインの建設を決めた。

新ラインの稼動に合わせ、主に「VA用フィルム」を製造している神奈川工場(フラットパネルディスプレイ材料生産部)足柄サイト第2工場を中小型ディスプレイ向け製品開発のための専用ラインとし、需要が急拡大するタブレットPCやスマートフォン向けフィルムの新製品開発、生産を強化する。

■新工場の概要
工場名:富士フイルム九州 第4工場
建設場所:熊本県菊池郡菊陽町津久礼2900番地
投資金額:約160億円
生産品目:超広幅VA用フィルム (1330~2300mm)
生産能力:年間3500万㎡
延床面積:約1万5000㎡

最新ニュース

物流用語集