国交省/国際バルク戦略港湾を選定

2011年06月01日 

国土交通省は5月31日、国際バルク戦略港湾を選定した。

バルク貨物は石油や小麦のように梱包されていない貨物で、穀物を鹿島港、志布志港、名古屋港、水島港、釧路港、鉄鉱石は木更津港、水島港・福山港、石炭を徳山下松港・宇部港、小名浜港を選定した。

なお、清水港・田子の浦港は、次世代大型船舶について名古屋港をファーストポートとし、これと連携しつつ対応を図る。

大畠国土交通大臣は「バルク貨物輸送に関する国際競争力強化への取り組みは、まさにスタート台に立ったところでありまして、選定された港湾の関係者の皆さんには、これを契機として、力を入れて、国際的な大競争時代に入っておりますが、十分な体制を築くように取り組んでいただきたい」と述べている。

最新ニュース

物流用語集