多摩大学大学院/SCM・災害時への対応で公開講座

2011年06月01日 

多摩大学大学院は6月15日、「SCM・災害時への対応」をテーマに公開講座を開催する。

日本は今までも大きな災害にくりかえし見舞われてきた。今回の東日本震災でも甚大な被害が発生している。このような激変する状況に対し、SCMはどのように対処すべきかを考察する。担当は松本忠雄教授。

■開催概要
日時:6月15日(水)19:30~
会場:多摩大学大学院品川サテライトキャンパス
   (申し込み多数の場合は会場を変更して開催)
費用:無料

※松本教授 プロフィール
大阪大学理学部化学科卒。同大学理学研究科博士課程中退。花王に入社。栃木総合研究所長、川崎工場長、取締役ロジスティクス部門統括を歴任。この間、花王システム物流及び花王ロジスティクス代表取締役社長を務めた。社外では、JILS、国交省、経団連の委員会等において活動した。 現職は日本ロジスティクス研究所取締役。また、中小企業基盤整備機構東北支部にて経営支援アドバイザーを兼務。

■申込は下記URLを参照。
http://tgs.tama.ac.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=83

最新ニュース

物流用語集