NEC/ジクー・データシステムズのITS事業を譲受

2011年05月25日 

日本電気とジクー・データシステムズ(以下:ジクー)は5月25日、NECがジクーからITSテレマティクスを含む全ての事業を7月1日に譲り受けることで合意した。

ジクーは、GPSや電子地図などの位置・空間情報を扱うデータベース・プラットフォームの開発・提供を目的に、2002年に三菱商事(株)の100%子会社として設立。

商用車の安全運行管理のために日本で初めて開始した、ドライブレコーダー活用のテレマティクスサービス「くるみえ」、GIS(地理情報システム)ソリューションを大手のガス会社、製薬会社、運輸会社、官公庁等に提供している。

NECは、ジクーの事業を譲り受け、ジクーの持つGIS技術や実績を最大限に活用して、車の安全性や利便性を高めるためのITSテレマティクス事業の強化・拡大を目指す。

将来的には、商用車だけでなく一般車両向けの車載端末やクラウドサービスも視野に入れて技術開発を進め、消防や防災、交通、衛星ビジネスなどの領域にもジクーの技術を活用していく。

最新ニュース

物流用語集