国交省/仙台空港ターミナルビルの9月供用を目標に復旧工事

2011年05月24日 

国土交通省は5月24日、仙台空港の今後の復旧の見通しについて発表した。

仙台空港は4月13日から臨時便による国内線の就航を再開しているが、9月末の供用を目標に本格的に旅客ターミナルビル(CIQ施設を含む)の全面的な復旧工事を進める。

また、7月25日を目標に、国内線旅客取り扱い能力を増加(時間あたり1便を2便へ)させるとともに、国際定期便の就航を可能とする。

さらに、6月下旬の国際チャーター便については、先行して就航が可能となるように暫定的な措置をとる。

関連記事

最新ニュース

物流用語集