商船三井/フィリピンで新入船員教育体制を強化

2011年05月24日 

商船三井は5月23日、フィリピンの商船大学3年次の学生を対象に、「船員士官候補生プログラム」をMagsaysay Institute of Shipping(以下MIS)に導入し、7校の商船大学と実施契約を結んだと発表した。

商船三井のフィリピン新人船員は、各商船大学の3年修了生を対象に選抜し、同社訓練船・運航船での1年間の乗船実習を経て採用している。今回のプログラム開始により、選抜を1年早め、大学4年間の後半2年間の教育・訓練を同社の管理下で行う。

このプログラムはフィリピン政府の推進するAcademe-Industry Linkage Program(産学提携で教育の質向上と雇用を図る制度)のもと、大学教育相当として認められており、6月から開始する。

最新ニュース