商船三井/ばら積み船による海難事故緊急対応訓練実施

2011年05月23日 

商船三井は5月20日、万一の海難事故に備えた緊急対応訓練の一環として、同社保有のばら積み船「MONA LINDEN」の瀬戸内海・備讃瀬戸東航路での衝突・浸水・油濁事故を想定した訓練を実施したと発表した。

訓練を実施したのは5月19日、13:00~16:00。商船三井からは重大海難対策本部長の武藤社長ほか、関係役員8名と関係部署が参加した。

訓練は「瀬戸内海・備讃瀬戸東航路を水島向け航行中の同社運航ばら積み船と付近航行中の内航貨物船が衝突。衝突により浸水、燃料油の流出が発生した」という想定で訓練を開始。

事故発生の第一報受信に始まり、重大海難対策本部の設置、関係者間の情報の収集・伝達などの初期対応、油濁への対応(流出油の回収方法などの手順確認)、模擬記者会見などを実施した。

商船三井では年に2回、諸条件を考慮しながら世界各地に海難事故現場を想定し緊急対応訓練を実施している。今後も訓練で培ったノウハウを共有することにより、グループ全体でより一層強固な緊急対応体制を整備していく、としている。

最新ニュース