日通/シカゴ・ロジスティクスセンター稼働

2011年05月16日 

日本通運は5月16日、米国日本通運がシカゴに「シカゴ・ロジスティクスセンター・イースト(以下:イースト)」を竣工し、隣接する「シカゴ・ロジスティクスセンター・ウエスト(以下:ウエスト)」と併せた総合施設「シカゴ・ロジスティクスセンター」を稼働したと発表した。

米国中西部の交通の要衝、シカゴ・オヘア空港近くに竣工したイーストは、シカゴ郊外に分散していた海運貨物、倉庫配送、引越、情報システム、旅行の各部門を集約。

<シカゴ・ロジスティクスセンターイースト(左奥)とウエスト(右手前>
20110516nittsu.jpg

2008年から隣接地で営業を行っていたシカゴ航空貨物支店の施設名称をウエストとし、両施設で倉庫面積2万1097㎡、事務所面積6189㎡、従業員約200名からなる大型総合施設「シカゴ・ロジスティクスセンター」を稼働させる。これにより、シカゴエリアで提供するすべてのサービスの窓口を一元化し、ワンストップでの対応が可能となった。

また、これまで独立していた航空貨物と海運貨物のCFSを統合、24時間体制とし、中西部地域(コロンバス、デトロイト、インディアナポリス、ミネアポリス、ナッシュビルなど)への配送サービスを一本化し、リードタイムの短縮を図るなど、利便性の向上を実現した。

さらに、綿密な輸送スケジュール管理が必要とされるデジタル機器や自動車の生産部品などの航空貨物については、ウエストでの仕分け・発送作業とイーストの倉庫管理システムを連携させることで、リアルタイムでの在庫管理が可能なハイスピードロジスティクスを提供する。

■シカゴ・ロジスティクスセンター概要
名称:米国日本通運 シカゴ・ロジスティクスセンター・イースト(NIPPON EXPRESS (USA) INC.,CHICAGO LOGISTICS CENTER EAST
住所:515 E.Touhy Ave.,Des Plaines,IL 60018,U.S.A
倉庫面積:1万42㎡
事務所面積:2826㎡

名称:米国日本通運 シカゴ・ロジスティクスセンター・ウエスト(NIPPON EXPRESS (USA) INC.,CHICAGO LOGISTICS CENTER WEST
住所:401 E.Touhy Ave.,Des Plaines,IL 60018,U.S.A
倉庫面積:1万1055㎡
事務所面積:3363㎡

最新ニュース