DHL/海外からの支援物資を無償輸送で支援

2011年04月25日 

DHLは4月25日、東日本大震災において、海外からの支援物資の受入れと国内輸送を無償で行っていると発表した。

4月20日より1カ月間、世界各国政府から日本政府が受け入れを決定した支援物資の成田国際空港エリアでの倉庫保管、仕分け、成田から被災地までの国内配送を無償で行う。

地震発生から1か月以上が経過した現在も、海外各国からの支援物資が成田国際空港等へ届けられている。DHLは、グループが管轄する成田国際空港エリアの自社倉庫で物資を一時保管し、日本政府に協力しながら、岩手県、宮城県、福島県などの物資搬入場所宛てに仕分け、同社が持つ輸送トラックで配送している。

ドイツポストDHLグループの従業員による取り組みとしては、グローバル規模で社員から集めた募金に会社からの義援金を加えて、赤十字社などの支援団体へ寄付を行っている。日本国内では、新たに特別ボランティア休暇を導入するなどして被災地でのボランティア活動に参加する同社の社員を支援している。

最新ニュース