日通/2010年度の引越取扱い件数0.1%減

2011年04月21日 

日本通運が4月21日に発表した2010年度の引越取扱い実績は、件数は47万7500件(前年同期比0.1%減)、売上高は575億4200万円(2.3%減)となった。

東日本大震災の発生に伴い、引越事業は大きな打撃を被り、被災エリア発着の引越停止という直接的な影響に留まらず、法人の顧客の人事凍結、燃料不足、計画停電等により、同社が得意な広域引越、法人引越、事務所移転の多くが延期、保留となった。

そのため、2月までの下期実績累計は件数で7.3%、売上高は5.7%と前年同期実績を上回っていたものが、引越の最商戦期の3月が大幅減となった。

2011年度は、東日本大震災の影響で延期となった引越の取扱に全力を挙げ、復興へ向けて被災エリアでの引越関連業務に対し可能な支援を行う。また、急ピッチで営業拡大や業務効率化へ向けた改善に取り組む。

2011年度の引越目標売上高は650億円(13.0%増)としている。

最新ニュース

物流用語集