ベルシュカ/スペインの物流センターから、2日以内で各国の店舗に入荷

2011年04月18日 

スペインのアパレルメーカーで日本ではZARAを展開するインディテックスグループのベルシュカ・ジャパンによると、ベルシュカの全ての商品はスペイン本土の物流センターに集約し、定期的に世界の店舗への配送を実施しているという。

<物流センターの様子>
20110418bershkalnews.jpg

週2回は必ず新しいモデルを投入し、店舗で常に新商品が展開するという。物流システムは社内で開発したデータベースアプリケーションを活用。

注文受取から店舗への商品配送までをヨーロッパ内では平均24時間、アメリカ、アジアの各店舗では最大48時間以内で行うことができるという。

ベルシュカ・ジャパンは4月16日、渋谷の「ZERO GATE」に日本1号店を開店。4月28日にイオンレイクタウンKAZE、6月3日にららぽーとTOKYO-BAYへの出店を発表しており、日本でも多店舗展開を進める予定だ。

ベルシュカは2010年度末に、世界49か国、720店舗を展開し、売上高は11億ユーロを超え、インディテックスグループの中ではZARAに次ぐブランドとなっている。

最新ニュース