東レフィルム加工/台湾で表面保護フィルムの製造・販売会社設立

2011年04月18日 

東レフィルム加工は4月18日、台湾に表面保護フィルムの製造・販売会社を設立すると発表した。

この5月に台湾・高雄市に新会社「東麗尖端薄膜股?有限公司」を設立し、自己粘着性表面保護フィルム「トレテック」の生産工場を設立する。新工場は2013年1月からの稼働開始予定で、同年夏までに生産能力を1万7000トンに順次拡大する。

今回の台湾進出は、導光板の生産で世界最大シェアを誇る台湾の主力メーカーから現地生産進出の強い要請があったことと、台湾での法人税減税による企業優遇策、台湾・中国間のECFA(両岸経済協力枠組協議)締結による輸出競争力向上などを勘案して決定したもの。

■新会社概要
会社名:東麗尖端薄膜
設立:2011年5月(予定)
所在地:台湾高雄市路竹郷 南部サイエンスパーク高雄園区
資本金:35億円(12億3700万NT$)
出資:東レフィルム加工 70%、東レ 30%
事業内容:ポリオレフィン(PE・PP)系フィルム「トレテック」の製造販売

最新ニュース