東邦薬品/福島県本宮市の物流センター、12日より供給再開

2011年04月11日 

東邦薬品は4月12日、東日本大震災の被害を受け商品供給を停止していた物流センター「TBC本宮」(福島県本宮市)の商品供給を再開する。

「TBC本宮」は、東邦薬品の宮城県、山形県、福島県への商品供給を担う物流センターで、東日本大震災で、建物および物流機器損傷のため、商品供給を停止していた。このほど、応急工事が完了し、仕入れならびに商品供給が可能となった。

供給エリアは郡山事業所から開始し、順次拡大していくとしている。

この措置に伴い、震災以降3県への商品供給を代替していたTBC東京(東京都品川区)とTBC大宮(埼玉県さいたま市)については代替機能を解除していく。

なお、営業拠点は、外壁等の損壊が激しく立ち入り禁止措置が取られている仙台東事業所(仙台市若林区)は仙台事業所に事務所を移動し業務を継続。福島第一原発の影響を受けて屋内待機となっている原町営業所(福島県南相馬市)については福島営業所が業務を代替しているが、他の全ての営業拠点では各々の拠点で業務を行っている。

最新ニュース