商船三井/最適トリムシステムで自動車船・最大4%の省エネ効果

2011年04月05日 

商船三井は4月5日、三井造船昭島研究所と共同で、船舶の最適トリムシステムを開発したと発表した。

6400台積み自動車船に最適トリムシステムを適用し検証したところ、従来と比較し最大4%の燃費改善効果が確認できた。この燃費削減効果は船舶より排出されるCO2の削減に大きく寄与する。

<トリム状態の図・水槽試験・実船試験>
20110405smitsui.jpg

最適トリムシステムは、同社船長の豊富な経験に基づいた船舶の航行姿勢の知見を水槽試験・実船試験を通じて定量的に評価。乗組員が容易に活用できるようグラフに表したもの。

船舶の航行姿勢は船尾トリム状態となるのが一般的だが、三井造船昭島研究所で行った水槽試験の結果、船体を適度な船首トリム状態にして航走することで造波抵抗が低減することを確認し、実船試験においてもその効果を確認した。

最適トリムシステムは、自動車船以外の船種への適用を含め、同社の推進する次世代船構想「船舶維新」プロジェクトの要素技術の一つであり、最適運航システムと組み合わせ、更なるCO2排出量削減を積極的に進める、としている。

最新ニュース