全ト協/「近代化基金運営要領」に規定する激甚災害と認定

2011年04月04日 

全日本トラック協会は4月1日、「東日本大震災」で被害を受けたトラック運送事業者の経営安定確保に資するため、今回の地震による災害を協会の「近代化基金運営要領」に規定する激甚災害と認定し融資事業を実施していると発表した。

公募枠は100億円としているが、状況に応じて増枠等の手続きをとる予定としている。また、募集期間についても状況に応じ延長等の手続きを取る予定、としている。

■問い合わせ
全日本トラック協会
交付金部
TEL:03-5323-7628

最新ニュース