フェデックス/米韓路線にボーイング777型フレイター導入

2011年03月28日 

フェデラルエクスプレスは3月28日、メンフィス-仁川間でボーイング777型フレイターを週4便導入すると発表した。

2010年の米国から対韓輸出総額は前年比35%増の388億米ドルで、フェデックスは、世界規模での需要増大に対応し、増える輸送ニーズに対して現実的なソリューションを提案するため、ボーイング777型フレイターを戦略的に韓国路線へ就航する。

新航路の導入は、より早いサービスや搭載可能貨物量の増大につながり、米国、カナダと一部の南米都市からソウルへ書類やフェデックス・インターナショナル・プライオリティ(IP)サービスの荷物を2~3営業日で配達することが可能になる。

同様に、フェデックス・インターナショナル・プライオリティ-・フレイト(IPF)サービスの配達時間も業界最速となる。

ボーイング777型フレイターは、世界最大の双発貨物機で、フェデックスでは、通常時の搭載能力は約81,000kg、航続距離は約10,700km。短距離になると、搭載能力は約98,000kgとなる。

最新ニュース