昭和シェル石油/石油製品(ガソリン・軽油)の輸出を取りやめ

2011年03月17日 

昭和シェル石油は3月16日、震災後の石油製品の安定供給のための取り組みを発表した。

同社では、国内の供給が安定するまでの間、生産量を最大化するとともに、予定していた石油製品(ガソリン・石油)を取りやめ、国内の短期的な供給力を強化する。

系列のサービスステーション等への石油製品の供給確保はもとより、業界他社の要請に対応し、石油製品の安定供給に努める。

被災地への配送体制を拡充するため、ローリーの配備を強化する。

また、現時点では在庫が充分であるとしつつも、配送に遅れが生じている、としている。

最新ニュース