警察庁/災害応急対策のための緊急交通路を指定

2011年03月17日 

警察庁緊急災害警備本部は3月16日20:00現在での、東北地方太平洋沖地震の災害応急対策のための緊急交通路の指定を発表した。

緊急交通路に指定されたのは、通行止めとなっていた東北自動車道、常磐自動車道等の一部区間。緊急交通路が指定されたことにより、緊急通行車両の通行は可能だが、緊急通行車両以外の車両は通行ができない。

緊急交通路として指定されたのは、東北自動車道浦和IC~碇ヶ関IC(出入りできないIC:矢吹、郡山南、本宮、二本松、国見)、常磐自動車道水戸IC~いわき中央IC、亘理IC~山本IC(出入りできないIC:いわき湯本)、磐越自動車道津川IC~いわきJCT(出入りできないIC:いわき三和、小野、船引三春、磐梯熱海、猪苗代磐梯高原、磐梯河東、会津坂下、西会津)。

あぶくま高原道路福島空港IC~小野IC(出入りできないIC:石川母畑、平田西、平田)、仙台南部道路全線、仙台東部道路全線、仙台北部道路全線、三陸縦貫自動車道利府JCT~登米東和IC、秋田道北上JCT~北上西IC、釜石自動車道全線、東北縦貫自動車道八戸線安代JCT~南郷IC。

緊急通行車両は区間のスマートIC以外のICから出入りが可能。

また、一般道路では国道398号 三陸縦貫自動車道・登米東和IC~国道45号との交差点(宮城県本吉群南三陸町志津川字南町1先)が指定されている。

最新ニュース