扶桑薬品/茨城工場の自動倉庫が一部損傷、大阪・岡山から緊急出荷

2011年03月15日 

扶桑薬品工業は3月14日、東北関東大震災により、茨城工場(茨城県北茨城市)の立体自動倉庫設備の一部損傷の被災をしていると発表した。

茨城工場の主要製品はキンダリー透析剤、サブラッド血液ろ過用補充液BSG、生理食塩液で、すでに3月12日午前より城東工場(大阪)、岡山工場から透析剤等の緊急出荷を開始している。

最新ニュース