センコー/埼玉県戸田市に6階建ての物流センター開設

2011年03月08日 

センコーは3月8日、埼玉県戸田市に「新戸田PDセンター」を開設した。

<新戸田PDセンター>
20110308senko.jpg

事業拡大と競争力の向上を図るため戸田市早瀬地区にある倉庫棟3棟(延床面積9630㎡)を建替えて、新戸田PDセンターが竣工したもので、地上6階建て、延床面積約19000㎡。

センコーでは、首都圏物流の核となる埼玉県南部拠点として、戸田市内2か所(早瀬地区、笹目地区)に18棟、約45000㎡の物流センターを開設し、一部倉庫では老朽化が進み、平屋建て倉庫も多いことから、取扱貨物にも制約があった。

新センターには有効天井高の高いエリアと低いエリアを配置し、保管貨物の形態や流通加工など各種作業にフレキシブルに対応できる構造となっており、各種荷役設備も導入し、生産性の向上を図っている。

センターの南北両側に計51台の接車バースを設け、トレーラーや大型車も容易に接車でき、省電力化対応の照明設備設計を採用するとともに、屋上の一部に緑化を実施、環境との調和にも配慮している。

同社では、今回の新センター開設により、埼玉県南部における物流機能を強化するとともに、同県北西部への物流サービスの拡大を目指す。

施設の概要
名称:新戸田PDセンター
所在地:埼玉県戸田市早瀬1-6
敷地面積:9,747㎡(2,949坪)
建物構造:鉄骨造地上6階建(倉庫部分5階建)
延床面積:18,986㎡(5,745坪)
接車バース数:51台(北側27台、南側24台)
荷役設備:垂直搬送機4基、貨物エレベーター1基(4トン)、クライミングレベラー1基
竣工日:2011年2月28日

最新ニュース