ライナロジクス/自動配車システムの運用ポイントをセミナーと展示で紹介

2011年02月24日 

ライナロジクスは3月18日開催の「ロジスティクス・SCM+流通フェア」へ出展する。

当日はセミナーと展示を通し、ライナロジクスが考える理想の配車の在り方と、それを実現するツールとして自動配車システム「LYNA2」(ライナ2)を活用する方法を紹介する。

物流業界では、荷主・運送会社は、運賃や納品時刻の妥当性、輸配送コスト削減といった課題に頭を悩ませ続けている。

対応策として、ライナロジクスでは、自動配車システム「LYNA2」を通して配車マンの頭の中にあるノウハウを「見える化」することで、課題をクリアすることを提案する。

自動配車システムに対して、「多くの条件が複雑に絡む配車業務が機械にできるのか?」、「現実に車を走らせられるような計画が本当に出せるのか?」という疑問の声が聞かれる。

今回はこのような根本的な疑問に答えながら、自動配車システムをどんな時にどのように使えば配車担当者の負荷軽減につながるのか、どのような仕組みでコスト削減に結び付くかといった点を中心に解説する。

荷主・運送会社といった立場に関わらず、配車担当者、情報システム担当者、経営者の全てにメリットがある、自動配車システムの運用方法を提案できるものと考えている。

フェアのセミナーでは「コストに効く、荷主も運送会社も喜ぶ!自動配車システムの運用術」(セミナー番号:C-2)、3月18日の13:00~13:40、C会場で、同社の松浦俊彦マーケティング統括部長が講演する。

展示ブースでは「LYNA2」の展示・実演や自動配車システムの運用・導入に関する相談に対応している。

■開催概要
ロジスティクス・SCM+流通フェア
日時:3月18日(金)10:00~16:45
会場:大手町サンケイプラザ 東京都千代田区大手町1-7-2
主催:LNEWS/流通ニュース
入場料:無料

詳細・申込みは、下記URLを参照。
http://www.l-partner.co.jp/lfs/

最新ニュース