CEC/大阪でコアプランナー物流版(クラウドサービス)導入事例セミナー

2011年02月24日 

CECは3月11日、関西地区で「コアプランナー物流版(クラウドサービス)導入事例紹介セミナー~倉庫内業務の収益改善~」を開催する。

「コアプランナー」は、輸配送・倉庫内業務の中でも特に荷役業務のコスト削減に焦点を置き、改善活動を「業務の生産性改善」と「業務取引の見直し」のどちらで着手すれば良いかの答えを改善余地率・改善余地工数などの数値で導くツール。

今回講演するDHLサプライチェーンKPI戦略室の大友 章義氏は、コアプランナーで改善余地率・工数の大きい業務を見える化したうえで、シーイーシーの物流業務最適化支援ツール「RaLC」を活用して様々な改善案をシミュレーションしている。

■開催概要
日時:3月11日(木)14:00~16:00(受付13:30~)
会場:日本アイ・ビー・エム大阪事業所
   大阪市西区靭本町1-10-10
参加費:無料(事前登録が必要)
定員:30名
主催:コアソリューション
共催:日本アイ・ビー・エム、シーイーシー、オンチャネルジャパン

申し込みは下記URL参照。
http://www.coresol.co.jp/s02_offer.html

■プログラム
14:00~14:15
物流業界がおかれている状況(仮)
日本アイ・ビー・エム

14:15~15:00
ユーザー事例紹介「倉庫内業務の収益改善事例」
DHLサプライチェーン

15:00~15:20
CORE PLANNER物流版Ver2.0のご紹介
コアソリューション

15:20~15:50
コアプランナーソリューションを実現するために必要なツールのご紹介
「Cognos Express」「RaLC」「Mojix STAR System」

15:50~16:00
質疑応答・クロージング

問い合わせ
シーイーシー
第二ソリューションサービス事業部 営業部
セミナー事務局 
担当:伊藤
TEL:03-5789-2587
ralc-info@cec-ltd.co.jp

最新ニュース