三菱ケミカル、旭化成/水島地区エチレンセンター統合

2011年02月23日 

三菱ケミカルホールディングスと三菱化学(以下総称して三菱)と、旭化成と旭化成ケミカルズ(以下総称して旭化成)は、水島地区の両社エチレンセンターの統合、一体運営のため、共同出資による有限責任事業組合(以下「LLP」)を設立すると発表した。

LLPの事業開始日は4月1日で、両社による一体運営を始める。

三菱と旭化成は今後の国内石油化学事業の経営環境悪化に備え、両社の水島地区の基礎石化原料(エチレン等)生産を集約・統合し、環境悪化時に対応して、生産・規模の最適化を軸とした合理化、効率化を適時実行することを目的としている。

■LLPの概要
名称:西日本エチレン有限責任事業組合(Nishi Nippon Ethylene LLP)
所在地:東京都千代田区内幸町2-2-2富国生命ビル
事業内容:水島地区における旭化成、三菱のエチレンセンター事業(原料ナフサ等の調達、エチレン等基礎石化原料の製造、基礎石化原料、用役等の旭化成及び三菱への販売、合理化計画立案遂行等)の一体運営
出資:出資金8000 万円
出資比率:三菱化学と旭化成ケミカルズ折半出資
事業開始日:2011 年4月1日
職務執行者:三菱、旭化成から1名ずつ

最新ニュース