日本郵船/郵船ビルが省エネ効果で「関東経済局長賞」受賞

2011年02月17日 

日本郵船は2月16日、郵船ビルディング(東京都千代田区丸の内)が、エネルギー管理優良事業者として「関東経済産業局長表彰」を受賞したと発表した。

この表彰制度は省エネルギーの普及・推進のため、エネルギー管理の推進に努めその成果が顕著だった事業者を表彰することにより、省エネルギーの一層の促進を図るもの。今年度は、関東地区の大学や電子機器メーカーなど8事業者が選ばれた。

昨年度は、電力の有効活用、省エネルギーの推進、負荷率の向上などを基準に、郵船ビルが日本電気協会関東地区協会の表彰で最優秀賞を受賞した。今回の受賞は、さらに継続的に照明器具を高効率インバーター器具に更新するなどして電力・蒸気使用量を削減したことが評価されたものとしている。

最新ニュース