名鉄運輸/4~12月の売上高6.9%増、営業利益4.7%増

2011年02月08日 

名鉄運輸が2月8日に発表した2011年3月期第3四半期決算によると、売上高は652億5000万円(前年同期比6.9%増)、営業利益28億1400万円(4.7%増)、経常利益27億2900万円(10.7%増)、当期利益12億9300万円(25.0%減)となった。

貨物自動車運送事業では、上半期に見受けられた景気の持ち直しによる輸送量の回復が、下半期では再び停滞傾向となった。その一方で家電等の輸送量が増加した結果、売上高は546億2800万円となった。

航空利用運送事業は、主力のオーディオ・ビジュアル、ゲーム機器関連の荷動きは下半期では回復の傾向が見られたが、輸出関連企業を中心とした回復の遅れの影響により、売上高64億5700万円となった。

通期では、売上高850億円(5.2%増)、営業利益28億円(16.0%減)、経常利益26億円(14.3%減)、当期利益10億円(56.0%減)としている。

最新ニュース