伊藤ハム/生産拠点を14か所から6か所へ集約

2011年01月31日 

伊藤ハムは1月31日、新中期経営計画(2011~2015年度)策定し、グループ全体で14か所ある加工食品事業の生産拠点を整理統合し、2020年までの10年間で北海道、東北、関東、中部、関西、九州の全国6エリアに1拠点ずつの6拠点体制に集約を検討すると発表した。

第一ステップとしてことし7月末に船橋工場を閉鎖する。従業員については、雇用の維持を前提に、他部門への配置転換などにより対処する予定。

さらに、収益性の低い商品の見直しを行い、加工食品事業本部の取扱いアイテム数を約4割削減し、生産・物流・販売の生産性を高める。

食肉事業では、食肉バリューチェーンの創造と拡大を図るため、バリューチェーンの川上となる国内外の畜産事業を拡大し、安定的な供給力を確保し販売の拡大を図る。

船橋工場の概要
所在地:千葉県船橋市高瀬町24-28
操業開始:1984年3月
業務内容:調理加工食品の製造
従業員数:229名(2010年12月現在)
敷地面積:39272㎡

最新ニュース