日清製粉/福岡市臨海部に新工場建設

2011年01月31日 

日清製粉は1月31日、福岡市から企業誘致を受けて福岡市中央区の須崎埠頭に事業用地を取得し、製粉工場(生産能力日産520トン、2ライン)の建設を決めた。

九州地区は鳥栖工場(佐賀県鳥栖市)と筑後工場(福岡県筑後市)の2工場体制で、両工場とも内陸部に位置するため製造コストが割高となっており、ローコストオペレーションの構築が課題となっていた。

須崎埠頭は、海外からの小麦輸入の九州における主要拠点であると共に、今後の穀物船の大型化を見据えた港湾の整備が進められており、製粉工場建設に最適な立地であると考えたもの。

今回の事業用地取得により2014年春に新工場を建設、同時に鳥栖、筑後の両工場を閉鎖して生産集約による生産性向上を実現する。

最新ニュース