エイブリィ・デニソン/物流センターで設備強化

2011年01月31日 

粘着材料やラベル製品を提供するエイブリィ・デニソン・ジャパン2月1日、物流センター(千葉県富里市美沢12-1)における体制の強化が完了し、稼動を開始する。

市場環境の改善、受注数量の拡大、そして顧客ニーズの多様化などに伴い、よりきめ細やか
な対応をするため、昨年来、安定供給や短納期への対応策を検討した結果、今回の体制強化となった。

体制強化により、従来のスリッターに替わって3000Mまでの長尺原反に対応し、加工効率が大幅に改善したスリッターを導入し、併せて画像検査機付きリワインダー(巻き取り機)を増設した。

製品の視覚的検査や試験研究などに対応するラボ設備や防虫、防塵対策を徹底したクリーンルームを新設した。作業体制も1シフト制から2シフト制に移行した。

物流センターにおける製品の処理能力は従来に比べ、2倍以上となり、要望の多い製品については70㎜以上の任意の幅のスリット加工が可能となるほか、70~210mm(5mmピッチ)の製品在庫を常備する。

<物流センター外観>
20110131evary.jpg

■物流センターの概要
開設日:2009年2月5日
所在地:千葉県富里市美沢12-1
総床面積:約1700㎡
敷地面積:約4000㎡

最新ニュース