アイシン/中国に自動車用ATの生産会社設立へ

2011年01月27日 

アイシングループのアイシン・エィ・ダブリュ(以下:アイシンAW)は1月27日、中国江蘇省蘇州市に100%出資のAT生産会社を設立すると発表した。

アイシンAWは、2004年からに天津市でATの生産を行なってきたが、今後、主要得意先の現地での需要拡大が見込まれることから、新たに生産会社を設立し、中国での生産能力・品目の拡大を図る。なお、同社の中国生産拠点は2社目となる。

新会社の資本金は1億米ドル(約83億円)、本格的な生産は2013年中頃から開始する予定。また、生産能力は年間24万台、従業員は600名程度を予定している。

■新会社の概要
社名:(英文)AW SUZHOU AUTOMOTIVE PARTS CO., LTD.
所在地:中華人民共和国 江蘇省 蘇州市 呉中経済開発区
設立:2011年4月予定
資本金:1億米ドル(約83億円)
出資比率:アイシン・エィ・ダブリュ100%
面積:土地面積:約10万3000㎡、建屋面積:約4万5000㎡
事業内容:自動車部品の生産と販売及びアフターサービス
生産品目:自動車用自動変速機(AT)
生産能力:24万台/年
生産開始:2013年中頃予定
従業員数:約600名(2013年計画)

最新ニュース

物流用語集