サカイ引越センター/4月~12月の売上高2.3%増、営業利益16.0%減

2011年01月27日 

サカイ引越センターが1月27日に発表した2011年3月期第3四半期決算によると、売上高は353億6800万円(前年同期比2.3%増)、営業利益23億3500万円(16.0%減)、経常利益24億6200万円(14.0%減)、当期利益12億3900万円(17.3%減)となった。

引っ越し業界と密接な関係にある住宅業界では、需要喚起を狙った政府の住宅ローン減税や住宅版エコポイントなどの住宅政策効果もあり、住宅着工戸数やマンション契約率において回復傾向を見せた。

しかし、本格的な回復とはならず、依然として過去の水準を大きく下回り、長期的には住宅市場の縮小傾向が続いている。この状況下、受注件数を伸ばすことが出来た反面、熾烈な受注競争から、前期に引き続き単価の下落を招き、増収減益となった。

通期の業績予想は、売上高503億1500万円(4.1%増)、営業利益42億4500万円(4.5%増)、経常利益43億500万円(1.6%増)、当期利益21億7800万円(4.9%増)を見込んでいる。

最新ニュース