神戸製鋼/インド企業と合弁でタイヤ・ゴム機械の製造販売会社設立

2011年01月25日 

神戸製鋼所は1月25日、インドのラーセン・アンド・トゥブロ(以下:L&T)と合弁で、タイヤ・ゴム機械の製造・販売会社を設立したと発表した。

総投資額は約9億円で、2011年10月の生産開始を目指し、この2月から工場建設に着手する。

新会社設立により、神戸製鋼グループのタイヤ・ゴム機械事業は日米印中の四極体制が確立し、今後は、各拠点から世界同一品質の製品を供給することでユーザーのグローバル化に対応すると共に、新会社を中心にこれまで比較的販売実績の少なかったインド以西のマーケットでの拡販する。

■新会社の概要
会社名:L&T コベルコ マシナリー
(L&T KOBELCO MACHINERY PRIVATE LIMITED)
設立:2010年11月
資本金:5億ルピー(約9億円)
出資比率:L&T51%、神戸製鋼49%
事業内容:ゴム混練機及びゴム二軸押出機の製造・販売

最新ニュース