三井金属鉱業/車載電池向け1万200トン年産体制設備設置

2011年01月24日 

三井金属鉱業は1月24日、車載向けリチウムイオン二次電池用マンガン系正極材料の生産設備を、広島県の竹原製煉所に設置すると発表した。

従来から竹原製煉所では、電動工具向け、携帯電話向けのマンガン系正極材料を月産80トンレベルで製造。今回の増強は車載向けのリチウムイオン二次電池用正極材の需要に対応するもので、従来比約10倍の大幅な増強となっている。

生産、供給開始は2012年度を予定し、従来のマンガン系正極材料工場とは別個に建屋を新設する予定だ。投資金額は約70億円で、生産能力は年産1万2000トン。

最新ニュース

物流用語集