京セラ/チェコに新工場棟建設

2011年01月22日 

京セラは1月21日、太陽電池モジュールの生産能力を拡充するため、京セラソーラーヨーロッパチェコ工場の敷地内に新工場棟を建設すると発表した。

<京セラソーラーヨーロッパ第2工場完成予想図>
20110121kyou.jpg

2011年秋に竣工予定で、年間生産能力は360MWを目指す。竣工後は第1工場と合わせると、最終的に太陽モジュールの同社生産拠点では、世界最大となる560MWの年間生産能力を保有する。

■新工場棟の概要
所在地:KralovskyVrch1977,43201Kadan,CzechRepublic
着工:2010年11月
竣工:2011年秋(予定)
稼動開始:2011年秋から順次稼動する予定
建築面積:1万7896㎡
延床面積:1万8668㎡(1階建て、一部2階建て)
生産品目:太陽電池モジュール
生産容量:360MW/年を目指す(第2工場のみ)

最新ニュース

物流用語集