キリンビール/物流業務のプロセス改革着手

2011年01月19日 

キリンビールは1月19日、「2011年キリンビール事業方針」を発表し、物流部門では、受注から配送までの物流現場機能を一元化することで効率化を目指すとしている。

2010年は「キリン物流」の組織を7支社から4支社に統合、受注場所を7か所から2か所に集約した。

2011年は物流業務のプロセス改革に取り組み、新物流システムを活用しながら業務の標準化を進めることで、一層の生産性の向上を図る。

また、生産、SCM、営業の各部門が連携し、商品の転送数量の削減や、商品運搬時の増トントラックの活用、パレット回収の強化などのTCR活動やカイゼン活動をさらに推進するなど、バリューチェーン全体でコスト削減に取り組む、としている。

最新ニュース

物流用語集