アマゾンジャパン/愛知県と宮城県に物流センター整備

2011年01月14日 

アマゾンジャパンは1月14日、物流業務を提供するアマゾンジャパン・ロジスティクスが愛知県と宮城県に新たな物流センターを2011年中に開業すると発表した。

愛知県常滑市の「アマゾン常滑FC(フルフィルメントセンター)(仮称)」と宮城県岩沼市の「アマゾン岩沼FC(仮称)」。中部、東北で初のFCとなり、各地域でのさらなる迅速な配送が見込めるとしている。

また、アマゾンジャパン・ロジスティクスが出品者の商品在庫の保管、注文処理、出荷、カスタマーサービスを代行するサービスの拡張も予定している。

両センターは現在稼働しているアマゾン市川FC(延べ床面積6万2300㎡)、八千代FC(3万4145㎡)、堺FC(6万7923㎡)、川越FC(3万8927㎡)、大東FC(2万5209㎡)に次ぐ物流センターになる。

なお、常滑FC、岩沼FCともに、開業に向けて100名を超える採用活動を実施している。

最新ニュース