プロロジス/約3.8万m2の専用物流施設を仙台に開発

2017年06月19日 

プロロジスは6月19日、プロロジスのリピートカスタマーと約 3万8000m2の賃貸契約を締結し、同カスタマーの専用物流(BTS型)施設として「プロロジスパーク仙台泉 2」を開発すると発表した。

<プロロジスパーク仙台泉 2完成イメージ>
プロロジスパーク仙台泉 2完成イメージ

「プロロジスパーク仙台泉 2」は、宮城県仙台市泉区「泉パークタウン」内に開発する。東北自動車道 「泉 IC」より約 2.5km、仙台駅から約10kmと交通アクセスに優れ、東北6県への輸送・配送拠点として最適な立地である。

また、地震や水害の発生リスクが極めて低いエリアであり、BCP(事業継続計画)の 観点からも優れている。

隣地では、2015年に竣工したキユーソー流通システム専用施設「プロロジスパーク仙台泉」を運営中である。

「プロロジスパーク仙台泉2」は、約6万5000m2の敷地に約2万9900m2および約8200 m2の2棟として開発する。全館にLED照明を採用し、非常用自家発電機を備えるなど、事業継続性にも配慮した施設とする計画だ。

■「プロロジスパーク仙台泉2」計画概要
所在地:宮城県仙台市泉区明通
敷地面積:約6万5000m2
計画延床面積:約3万8000m2
構造:地上2階建 (事務所部分4階建)
着工予定:2017年8月
竣工予定:2018年9月

最新ニュース