日本郵船/松山港に大型ばら積み船が初入港

2017年06月16日 

日本郵船は6月16日、同社が運航する石炭船(パナマックス船型)「NORD NEPTUNE」が6月10日に、大型ばら積み船として初めて愛媛県松山港に入港したと発表した。

<松山港に着桟中の「NORD NEPTUNE」>
松山港に着桟中の「NORD NEPTUNE」

松山港では、国土交通省四国地方整備局と愛媛県が、国際物流ターミナル事業として、水深13m岸壁の整備を進めており、日本郵船は同港で石炭中継業務を行う住石貿易を通じて、大型船入港に向けて海技面でのサポートを提供した。

同港に大型船が入港することで、海外からの効率的な石炭輸送が可能となり、今後の取扱貨物量の拡大や、県内産業の振興、地域の活力創出にますます弾みがつくことが期待されている。

■NORD NEPTUNE 概要
全長:225.00m
全幅:32.30m
総トン数:3万8892トン
載貨重量トン数:7万5726トン
船籍:デンマーク

最新ニュース