ヨコレイ/埼玉県幸手市に冷凍冷蔵物流センター竣工、圏央道に5か所目

2017年06月15日 

横浜冷凍(ヨコレイ)は6月15日、埼玉県幸手市の圏央道沿いに冷凍冷蔵の物流センター「幸手物流センター」を竣工した。

<幸手物流センター>
幸手物流センター

幸手物流センター

<圏央道沿いのヨコレイの物流センター配置図>
圏央道沿いのヨコレイの物流センター配置図

首都圏の物流網を広域にカバーする圏央道の幸手ICに隣接し、東北道・関越道へのアクセスも良く、立地条件に恵まれている。

同社は圏央道沿線に既に加須、加須第二、鶴ヶ島、伊勢原の4か所の物流センターを稼動させており、今後は幸手物流センターを含めた5施設が連携することになる。

<電動式移動ラック>
電動式移動ラック

<RD(リターンダクト)>
RD(リターンダクト)

設備面では、冷却方法は温度の変化が極めて少なく、貨物の品質維持に最適な自然対流方式(RD:リターンダクト)を導入。電動式移動ラックは、「カーゴナビゲーションシステム」と連動させ、フォークリフトによる入出庫作業を円滑にし、庫内作業時間の短縮化を図っていく。

また、施設屋上には発電能力615kW の太陽光発電パネルを設置し、環境にも配慮した構造となっている。

<吉川俊雄会長>
吉川俊雄会長

吉川俊雄会長は「2月に茨城県内の圏央道がつながったことから、成田近辺や茨城県の重要港湾とのアクセスが便利になった。その意味でもこの幸手物流センターは首都圏の核となる物流施設となる。施設面では、冷凍庫の一部に電動式移動ラックを設置、商品にとって良い環境を作るリターンダクト(RD)や陽圧式低温プラットホームなど、最新の機能を盛り込んだ。また、デザイン的には地域社会との共生を考え幸手市の花として制定されている桜をモチーフに桜色の外装を施した。すでに、既存の4センターで賄えない部分を幸手で賄う手はずとなっており、基本的に今日から稼働ということになる」と述べた。

<西山俊彦社長>
西山俊彦社長

西山俊彦社長は「圏央道の開通により、その役割が増大している。今では、既存の圏央道沿いのセンターが稼ぎ頭となっている。幸手物流センターにも、多くの問い合わせがあり、いきなりスタートダッシュとなった。スタート時の従業員数は17名で、今後20人から25人程度に増えるとものと考えている」と話した。

なお、今後の展開については、必要が生じれば開発するが、とりあえず今のところ圏央道沿いの開発は一段落のスタンスだ。

■幸手物流センターの概要
名称:幸手物流センター
所在地:埼玉県幸手市大字平須賀2480-12
構造・規模:鉄筋コンクリート造3階建 一部鉄骨造
敷地面積:1万2447m2
延床面積:1万8435m2
冷蔵収容能力:F級1万7660t、C&F級2519t、C級755t、合計2万934t
主な設備:自然対流方式(RD:リターンダクト) 、電動式移動ラック、カーゴナビゲーションシステム、太陽光発電システム(615kW)、 陽圧式低温プラットホーム、BEMS(Building Energy Management System)、全館 LED 照明

最新ニュース