日本ゼオン/メキシコのパウダースラッシュ材料の工場稼働

2017年06月07日 

日本ゼオンは6月7日、子会社の日本ゼオン化成がメキシコ・サンルイスポトシ州サンルイスポトシ市で、塩化ビニル樹脂(PVC)を原料とするパウダースラッシュ材料(PSC)の生産工場の稼働を開始したと発表した。

<工場外観>
工場外観

ゼオン化成は、メキシコ合衆国に2015年7月にZeon Kasei Mexico S.A. de C.V.(ZKMX)を設立し、昨春より新工場を建設していたが、稼働を開始したもの。

新工場はメキシコ国内の日系、欧米系の自動車メーカーを始め、北米との交通アクセスに優れ、充実したインフラ環境を整えた、サンルイスポトシ市コリナス工業団地に立地し、第1期は年産1200トンの能力でPVCパウダースラッシュ材料(PVC/PSC)の生産を行う。

市場の拡大に合わせて、第2期には年産1200トンの能力増強を行い、合計年産2400トンの能力に拡大していく計画。

供給の安定性と地産地消の観点で建設された新工場は、拡大する北米、メキシコ自動車生産に対応していくが、ゼオン化成のPVC/PSC事業は、国内の茨城工場、海外では中国の常熟工場、今回のメキシコ工場と3拠点体制となった。

■ZKMX概要
名称:Zeon Kasei Mexico S.A. de C.V.
所在地:サンルイスポトシ州サンルイスポトシ市コリナス工業団地
生産品目:パウダースラッシュ用樹脂コンパウンド
生産能力:第1期 1200トン、第2期 年産1200トン(合計年産2400トン)
資本金:2億4900万メキシカンペソ
出資比率:ゼオン化成100%

最新ニュース